会社情報
「雅包布」誕生物語
 当社は、日本一大きな湖 琵琶湖の東側にある滋賀県愛荘町にございます。創業の地は旧愛知川町市街地の私の実家でしたが、昭和48年に工場を現在地に新築移転しそこを本社に変更しました。

ここ愛荘町(旧愛知川町)は古くから穀倉地帯として農業が盛んな地域です。稲作はもちろんのこと、「近江上布」と呼ばれる麻織物の産地としても栄えました。麻織物に必須である湿潤な気候(ある程度の湿度がないと糸切れを起こしてしまいます)に恵まれていたことと農閑期に副業として織物ができるといった環境が背景がありました。そのうえ、この地には中山道の宿場町「愛知川宿」があり当時は交通の便も良く近江商人の出身地であることから、この麻織物や織物製品(萱など)も近江商人により全国に広まりました。このように繊維産業の地盤があったので戦後は縫製関係の仕事が地場産業となり栄えました。


弊社の前に広がる長閑な田園風景

今も頑張り続けているミシンです

 当社の創業は昭和 21 年。創業者の祖父が京都で繊維卸を始めました。昭和 35 年に会社設立。その頃は自宅にミシンを3台置いて縫っていたと聞いています。創業当時は繊維卸の個人商店だったようですが、 祖父がこれからは布団カバーに活路があると一念発起し実家に戻り製造業を始めました。設立時の社名は西村工業株式会社でしたが昭和52年に社名を変更し、以前から商品に使用していた商標「westy」を社名にすることにしました。しかし縫製工場としてのアイデンティティを守るため敢えて「工業」を残し「ウエスティ工業」にしました。この頃に脱下請しメーカーへと大きな変革を迎えたのでした。

 設立から半世紀以上。布団カバーの製造一筋ですが、作っている布団カバーは時代の移り変わりとともに様々に変わってきました。真っ白な生地の真ん中に穴の開いた布団カバーから始まり、ネット張りのカバー、無地カラーのカバー、プリント柄のカバー、縫製仕様に拘ったカバー、ベッドにも使用できるベッド用のカバー、一時期は贈答用のギフトボックス入りのカバーも様々ありました。 さて、当社は創業時からの社是「ミンナノ幸福ヲ考ヘテ(みんなのしあわせをかんがえて)」を守り続けています。「ミンナ」をどう考えるかによって様々に捉えられるので難しく奥行きのある言葉だと考えています。

経営理念も「ミンナノ幸福ヲ考ヘテ」をもとに、

お客様が幸せになる
仕入先様が幸せになる
社員が幸せになる
会社が幸せになる
社会が幸せになる

としています。

「ミンナノ幸福ヲ考ヘテ」布団カバーのメーカーとして発展することは勿論として、今後は地元の素材・産業を活用したビジネスを生み出し、この地と共に発展してゆきたいと考えております。



代表取締役社長
西村 直
Item Lineup 自社製品紹介
  • WESTY
    WESTY
    ウエスティ
    弊社コーポレイトブランド、ウエスティのご紹介。
  • NATURALBOX
    NATURALBOX
    ナチュラルボックス
    自然の持つ優しい色やかたち、美しさを取り込み心地の良い空間に。
  • naturaly.
    naturaly.
    ナチュラリー
    自然からのモチーフで大胆にに彩るナチュラルモダンスタイル。
  • CASUAL POP
    CASUAL POP
    カジュアルポップ
    新生活やヤングカジュアル層に向けたスタイル。
  • the Grand Design
    the Grand Design
    ザ・グランドデザイン
    いいものにこだわる大人のカジュアルスタイル。
westy-logo
カバーリングOEM工場・雅包布(ウエスティ工業株式会社)
〒529-1313 滋賀県愛知郡愛荘町市110番地
TEL : 0749-42-2155(代) FAX : 0749-42-2160